メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

下流の宴


NHKでもドラマ化されてかなり有名な作品みたいなのに
私的には全然知らなくて
林真理子って随分時流に乗った小説を書く人なんだと手に取った。
介護や老人問題の「われらがパラダイス」
そして話題になった下流という言葉。

でも十分こなれていて面白かった。
書き放題のエッセイばかりじゃなく
ちゃんと小説でした。
しかも思い当たるほどに
鋭い会話が多くて。
親のご都合の上流志向を
子供は敏感に見抜いてるんですよね。
しかも反発したり
さらに上を行く楽々志向だったり。
でも一方で出来すぎの母親と娘の宮城家だったり。
面白かったです。
そこここで下流に落ちていく現象がみられる一方で
ちゃんと勝ち抜いている方もおられるのが
悔しいところですけど。
相変わらず中流の下意識のまま暮らしていても
本当はどっぷり下流かも"(-""-)"

PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する