メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

殉愛の真実


全くノンフィクションとして読んでも
フィクションだらけなんとことある?
しかもあのベストセラー作家百田直樹。

気になってこちらも読んでみた。
でも考えてみれば
殉愛も殉愛の真実も私が知りたいことでもないのに時間の無駄だった。
どちらにしても嘘で塗り固めて生きるなんて
つまらないしその嘘に自分が追い込まれて苦しいはず。
宮沢賢治じゃないけど
訴訟なんてばからしいからやめろだよね。
でもこの本を出さずにいられなかった人たちがいて
待ちかねていた人たちもいる
タカジンもなかなか成仏できないね。
そろそろ静かにしてあげたい。
今頃こんな本読んでるのは私だけか、、、('_')


PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する