メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

鹿の王

  

  

娘が貸してくれたので読んだけれど
本屋大賞を取った話題沸騰中に
図書館で半年ほど待ってもう読んでいたのだった。

読み始めるとは初めて読むように面白い?!
はいストーリーを全部忘れているので((+_+))

かろうじて1度読んだということだけはわかる程度に。
いったい私の読書って何なんだ!!
なんて詰問すると生きていることすら問われてしまいそう、、、。

相変わらず上橋さんの世界にすっぽりはまって
ファンタジーの世界を堪能。
その自然でリアルな表現力に酔いしれる。

それでいて今回のテーマは病気と医学なので
体や細菌そして感染、薬草など広範な科学的な詳述も。
まあそこで少しファンタジー気分をそがれる気もするけど。

2度3度読んでも面白いということに新たな感慨を持った。
ほとんど記憶にないほど読解力がないということによるのかもしれないけれど
問題はもう人生で2,3度読み重ねる時間は残ってなさそうな気もすること。
とりあえず
時間を大切にして読書時間を増やさないと。







PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する