メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

光の山


内容紹介

震災後の苦難に満ちた日々の中で、七編の小説が生まれた……地震・津波の記憶が鮮烈に蘇る「蟋蟀(こおろぎ)」「小太郎の義憤」、原発事故後の放射能と除染を背景にした「アメンボ」「拝み虫」「東天紅」、厳粛さとユーモアが混在し、不思議な光に包まれる表題作「光の山」。福島在住の僧侶作家が、生と死の現実を凝視しながら、祈りと鎮魂の物語を描く。芸術選奨文部科学大臣賞受賞

芥川賞受賞作品よりこの作品に惹かれる。
東日本大震災の傷みがひしひしと伝わってくる作品群。
珠玉の作品とよく形容されるけれど
これらの作品群にこそ使ってほしいと思わせる。
被災地の中にいて日々暮らしていてこそのテーマ。
報道より真実に近い被災した人の思いに降れた気が。
それだけでなく作品としてもそれぞれ読みごたえがある。
コオロギ・カマキリ・アメンボ
被災地の昆虫たちも被災した土地で被災y差とともにその後を生きている。

PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する