メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

中陰の花


近いうちに講演でお話が聞けるので読んでみた。
すでに年齢的にはいつ死んでもおかしくないと思われるので
死後は気になるところ。
この本を読んでその問いが胸に落ちるかというと
そんなことはないけれど
なくなった人が成仏する情景として
穏やかに読めた。
芥川賞受賞作とは読むまで知らなかったけれど
一時の先鋭的な作品から
かなり対象が変わったんだと不思議な気がした。
他1篇
「朝顔の音」

PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する