メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

隠れ念仏と隠し念仏


五木寛之さんの講演会でいただいたもの。
自分が興味・関心があるテーマでは無かったのでなかなか読み進めず、時間がかかった。
それでも自分がしらない歴史が興味深かった。
父親の故郷の鹿児島や、
訪れたことのある土地宮崎や、
最近も訪れた岩手や遠野に、
深く、長く折りたたまれた民衆の苦難の信仰が
あって、
今に至ること。

そのことへの五木寛之の執念深いこだわりに
圧倒された。

でも、正直言えば、
柳田国男の遠野物語や宮沢賢治や、
石川啄木が登場して
俄然楽しみ興味深くなりました。
歴史も土地も人も二層、三層にあるものとの想いは深くなりました。

PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する