メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

だれかのいとしいひと


またまた角田さんの本
読んでも読んでもあまり記憶に残ってない。
それでも手軽に読めるのでつい。

最初の転校生の話はとりわけ転校ばかりを繰り返していた私には
こういう状況を描いて見せる角田さんに驚き。
確かに転校生独自の世界ってあるかも。

そういう誰かの世界を描くのが秀逸。
だけどみんな角田さんでもあるような。

PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する