メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

最後の恋



私が借りた本は文庫本ではないので
つまり、自分史上最高の恋という副題は着いていません。
三浦しをん、谷村志穂、阿川佐和子、沢村凛、柴田よしき、松尾由美、乃南アサ、角田光代。
当代人気女流作家の競作です。
と言っても私が知っていて読んだことのある方は3人だけ。
やっぱり三浦しおんが面白くて
彼女がこのタイトルで構想を練っているさまが目に浮かぶ。
あとはタイトルにしては
大仰なタイトルほどに胸キュンでも切なくもない
恋愛小説でした。
私が恋愛馴れしてるから?
最後の恋もスデに遠い過去だから、、、?
ほんとの恋などしたことないから?
よくわからないけど
ここに綴られた恋を
自分史上最高の恋って呼ぶのはちょっと。
でも恋を本気でしてるなら
いつだって史上最高の恋でしょうけれど
妥協の恋というのも結構あるものですね。
そして本気とも紙一重。
そして結婚と恋がイコールでないことも。
それならやっぱり今度こそ最後の恋と思いながら
果てしなく恋はした方がいいような気がするけど。







PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する