ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック



「経済の根本は国民をどう生きさせるか」というものだ。博士はこうした「国民経済」を第一と考えるエコノミスト。
「本当の意味での国民経済とは何であろうか。それは、日本で言うと、この日本列島で生活している一億二千万人が、どうやって食べどうやって生きて行くかという問題である。この一億二千万人は日本列島で生活するという運命から逃れることはできない。…その一億二千万人が、どうやって雇用を確保し、所得水準を上げ、生活の安定を享受するか、これが国民経済である。」

こんなに何度も何度も日本人は日本の経済を守るべきだと
そのためにはアメリカ経済に左右される前にまず
日本国民を守るための経済を考えろ。
アメリカの動向や発言にすぐ反応して追随する必要もなく
アメリカの経済の失政のしりぬぐいもする必要はないとはっきり。
いまの今そのまま通用する毅然とした自立の姿勢。

戦後を代表するエコノミスト、下村治が1987年に上梓した本書は、日本がバブルの絶頂へ向け驀進していた中、「日米は縮小均衡から再出発せよ」と異端の警鐘を鳴らした。これは米国の金融バブルが崩壊し、恐慌の縁に立つ世界に、何と切実に響くことか!今こそ、下村の声に真摯に耳を傾ける最後のチャンスだ。
そして文庫本化が2009年。
そして今また注目されている。
下村が言っている経済の基本は「健全性」である。
人も、国も、借金と浪費に依存し、砂上の楼閣を築くような経済運営をせず,
身の丈に合った健全な生活をしなさい。
「日本人が日本人であること」をやめる必要はなど全くないと主張する。勤労に励み、モノ作りに精をだし、
働いて得たお金を貯蓄に回す健全な価値観を尊重する。
この価値観こそ日本人が取り戻すべき最も重要なものであり
また、欲を言えば、筆者はこの価値観を世界に伝えていきたいとさえ希望する。
「日本は悪くない 悪いのはアメリカだ 」  文庫本序文 神谷秀樹 より
これって今声高に言われてるよね。
今更だけど
遅すぎるということはないでしょう。
健全な価値観を取り戻しましょう!!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meriendabook.blog120.fc2.com/tb.php/436-2264731a


Powered by FC2 Blog