メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

青春の門 堕落編


旅行にももっていき民宿でも読んだ。
すぐその世界にはいって行ける本がそばにあると楽しい。
時間的にはちょっと停滞感があって退屈な部分もあるけれど
この逡巡する自己探しが青春なのかなあ。
それにしても学生運動も戦うべき時の政権もやくざも
組織となればみんな同じなのかと、、、。
それにしても脇も詰めもみんな甘い信介。
それと知りつつさらにさらに。
結構いらいらしながらどうなるんだろうと次を読む。

PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する