メリエンダの読書ノート

何を読んだか題名さえ忘れてしまう今日この頃。 読んだ本の覚書&自分への読書のススメ。

モンク



平易で読みやすく、
それでいて読むというよりジャズの熱い雰囲気に心地よく酔ってしまう不思議な世界。

偶然講義を聞く機会のあった先生が
この作品の著者と知って
興味を持って読んでみた。
その出会いがなければ知ることもなかった本。
やはり学生時代を京都ですごした私にも
懐かしい京都の香りと暮らし。

音楽とりわけクラシックやジャズとは無縁で無知な私だけれど
がぜんジャズの世界に浸りたくなった。

登場人物が個々によく描かれているけれど
すべてハッピーエンドにつながっていく最後が
盛り上がりはする一方でちょっと冷めてしらけた。


PageTop


コメント


管理者にだけ表示を許可する