FC2ブログ

ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック




多摩大学で財部さんの講演を一度聞いたことがあります。
そのお話もそうでしたが
文章も明快でとても分かりやすいです。
日本の農家がすでに農業を放棄しているにも関わらず手放さない農地についての
記述は
政府・担当省庁・農協・農家など農業を取り巻く分子の
エゴと欲得で農業推進の癌だということが分かります。
意欲ある新進の農家の人が農地を探し求めているにも関わらずです。
手厚い保護のために米の生産の豊作も不作もおいしいもまずいもさして気にしなくていいなんて
生産意欲をそぐような施策。
自給率が40%を割るのも当たり前。
本気で農業に取り組み
本気で消費者によい農産物を届けたいと願う生産者が
報われるようになれば
日本はまだまだ農業国として成長できるはず。
農業の技術力は世界に冠たるもの。
安心安全の農作物が欲しいとただ念仏を唱えるだけでなく
農業の現在の状況を知るために
消費者もこの(このような)本を読んで考えるべきだと思う。



内容紹介
スーパーマーケットNISHIYAMAのバリューチェーンモデル。
カルビーがつくりあげた「三連番地主義」の目覚ましい成果。
国の規制と戦い、トマト栽培事業を成功へと導いたカゴメ。
海外の富裕層に日本産高品質農産物を売る“辣腕”経営者……
農業の「ビッグ・ビジネス」は始まっている!

「いま必要なのは、農業を国民の視点でとらえ直すことだ」と著者は主張する。
生産者の視点でもなく、農協の視点でもなく、まして霞が関や族議員の支店でもなく、
国民経済的な視点で農業全体をとらえ直す時期が来ているということだ。

本来、農地は「資源」そのものだが、現状では生産者の「資産」になっている。
どうすれば農地という資源を有効活用できるか。日本の農業の現状も、
考え方ひとつで大きく見え方が変わってくる。緻密な取材を重ねてきた結果、
「農地や人的資源を有効活用すれば、日本の農業は大きな飛躍を遂げられる」
と断言する著者による最前線リポート。

Powered by FC2 Blog