FC2ブログ

ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくりマーク


何にびっくりするわけ?
確かになんじゃこれ?の世界。
若者にこんな殺戮場面ばかり繰り返していいのかな。
死を何とも思わないそれも他人の死に関して無頓着。
こんなことをテーマにしか
無感動の若者を読書に引き付けられないのかなあ?
老衰死の壁が間近に迫るばあさんは
そんな気掛かりばかりをしながら
読み終えた。
びっくり!
スポンサーサイト

光の山


内容紹介

震災後の苦難に満ちた日々の中で、七編の小説が生まれた……地震・津波の記憶が鮮烈に蘇る「蟋蟀(こおろぎ)」「小太郎の義憤」、原発事故後の放射能と除染を背景にした「アメンボ」「拝み虫」「東天紅」、厳粛さとユーモアが混在し、不思議な光に包まれる表題作「光の山」。福島在住の僧侶作家が、生と死の現実を凝視しながら、祈りと鎮魂の物語を描く。芸術選奨文部科学大臣賞受賞

芥川賞受賞作品よりこの作品に惹かれる。
東日本大震災の傷みがひしひしと伝わってくる作品群。
珠玉の作品とよく形容されるけれど
これらの作品群にこそ使ってほしいと思わせる。
被災地の中にいて日々暮らしていてこそのテーマ。
報道より真実に近い被災した人の思いに降れた気が。
それだけでなく作品としてもそれぞれ読みごたえがある。
コオロギ・カマキリ・アメンボ
被災地の昆虫たちも被災した土地で被災y差とともにその後を生きている。

どんどん読み進める気楽本ではあるけれど
私には筋が読めてしまい
ちょっと物足りなかった。
若い人に人気の作家というので
わかりやすく読みやすい。
表現もアニメチック。

中陰の花


近いうちに講演でお話が聞けるので読んでみた。
すでに年齢的にはいつ死んでもおかしくないと思われるので
死後は気になるところ。
この本を読んでその問いが胸に落ちるかというと
そんなことはないけれど
なくなった人が成仏する情景として
穏やかに読めた。
芥川賞受賞作とは読むまで知らなかったけれど
一時の先鋭的な作品から
かなり対象が変わったんだと不思議な気がした。
他1篇
「朝顔の音」

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。