FC2ブログ

ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック



確かに陰惨極める事件だけれど
気にせずスイスイ読める。
というより面白くて最後まで読まずにいられない。
トリックの聖書は
日本でも万葉集の歌を暗号に使かったものがあったと思い出したけれど
あれって小津安二郎の映画だったけ?
ドラゴン・タトゥーの女が魅力的なのに
このまま失恋で終わるのかと気がかり。
ミレニアムⅡを図書館に予約した。


ミレニアム1



確かに面白くて手離せない。
下巻を読むしかないでしょう。

鹿の王



図書館で予約して6か月目に。

どうしてこんな壮大なファンタジーを創作できるのかと

つくづく作者の力量に感嘆しつつ、、、。

人間関係もだけど

動物の生態と

自然と国々の描写がどうしてここまでイメージできるのかしらと不思議。

下巻がまだ順番が回ってこないのでお預け状態。

まあその間も反芻しながら楽しむことにして、、、。


イヴァンの馬鹿


「正直、純朴、勤勉」と「狡知、打算、戦略」
農民と商人や軍人
田舎と都会
貧乏と金持ち
民話に流れるこれらの対比。
恵まれない階級の人々が自らを慰め励まし、
自分たちの暮らしのささやかな喜びとして語りついだものを
文豪トルストイが成功後に
これらの話を収集した。
その成功に安住できずに
自らを否定し続けるも、
思想や宗教と現実の生活のはざまで
さらに家族や自らによって窮地に追いやられる。
後半生の人間トルストイが浮かび上がってくる。
そういえば芥川も民話を取り上げていた。
同じよう庵悩みだったのかなあ。


こころのはらっぱ


美しい字でサインもしてあるので
どこかでご縁があって購入したはずが
読みもしないでそのままに。
文中に知っている方のお名前が出てきたのでその方から、、、?
あるいは挟んであった写真に俳優の方とご一緒の写真。
ではあの時のその俳優の方もいらしたご近所の食事会でご一緒だったっけ?
全然記憶にない。
当時朗読や読み聞かせにとんと関心がなかったんでしょうね。
ごめんなさいのつもりで初読。
読み聞かせの大いなる力と魅力と奥の深さの一端が。
そして何よりそれを通じて読み手側も大きな力を得てられることが素晴らしい。

ご縁を粗末にして生きてきたことに思い当たる。
もう少していねいに生きなければ。

点と線


やっぱり捨てる前にもう一度読んどくか
ということで。
夫も松本清張の原点だよな~っとか言っている。

河童ノベルスでなんと180円だった。
こんな小説が180円で読めたんだ
その価値は違うにしても。
最近相棒や科捜研なんてテレビを時々見てるので
謎解きが結構身についてる錯覚。
特に時刻表は私も大好きでカニ族生活の頃、愛読(?)していたので
逆に詳細な説明が余計だと思うくらい。
それで正直スラスラ読めたけれど
謎解きは思うほどに面白くはなかった。
4分間がもっと大きく謎解きにかかわるかと思うと
そうでもなかったり。
そんなこと私でも気づくわなんてことに
ぐだぐだと時間がかかったり。
読んだとは言いながらすっかり忘れていたものの
緊張感を味わえずに残念。

まあとにかく読めたのですっきり処分できる。
捨てるしかない本をそのまま捨てられない
貧乏性。
そうなると読まなきゃの本がひしめきまくってる。

歯がゆい国日本


断捨離候補の本だったけれど
読んでみるものですね。
歯切れのいい口調でずばずば。
小気味よい文章。
日本人の多くが感じている歯がゆさもどかしさ
そして日本人が気づいてない
日本人以外から見た歯がゆさもどかしさが
ドイツ在住の日本人である作者が語る。
なるほどねと頭が悪くて鈍感な政治家書士に『読め』と突きつけたい。
多分ペルーの日本人誘拐事件が話題になるころの発刊なので
いまさらやもうとっくにというように時代がずれてはいるけれど
日本人の体質や体制は相変わらずなので
今だって該当することは多い。
なんか歯がゆいという言葉がピッタりすぎる。

.