FC2ブログ

ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


私の書斎


渡辺さんの知的生活の中で紹介されていて
すぐさま図書館で予約。
書庫に眠っていてすぐに借りることができた。

仕事でもなく資料として生かすでもなく
ただ終活としての読書に入っているので
本は蔵書とはしないつもりではあったけれど
かなり気持ちはぐらぐら。
本を持つことに執着する気持ちは様々だけれど
魅力的ではある。
本にはそれだけの価値があるような気がして。
だけど本当は単に考える手立てなんだよね。
本自体が価値を持っているような本なんて持てるわけないし。

しかも図書館もずいぶん利用しやすくはなっていて
私には十分。

知的かつ良心的で日本を代表する叡智と思われる方々の
実際の書斎が写真で見られるというのは刺激的。
さすがとしか言いようがない。
特に左翼的な活動家と思われる向坂逸郎氏が
おびただしい蔵書家というのは
胸がすくような心地。

知性とか知的な生活というのはちゃんと裏付けが取れるものというのが
厳然としていていい。

己自身はその対極にある凡人ということが厳然とした事実であることも。


続・知的生活



いまさら知的生活の実践者になって
知的生産を望むというのではないけれど
これからを生きるとき
知的生活を心がけるために
大いなる実践者の
その生きざまを知ることは大いに示唆に富む。
何と時間とお金と脳力を浪費してきたことかと
暗澹たる気持ちにはなるが
心がけは知的生活に。

知的生活の方法



もっと早く読んでいたら
何とかなっていたでしょうか?
何とも言えませんが
余生という終末期をいかに暮らすかと考えるこの期に及んで
読んでみるのもなかなかです。
とにかくじっくり本と向き合ってみるかという気になりました。





ひょんなことから渡辺さんの本を読みだした。
あまりハウツー本は読まないけれど
どうも人生は90代まで続くかもしれないと思い出した。
知的な生活の一方で
現実的・具体的に日々良かれロ思われることを実践されているのに驚く。
やれることは私もやっておこうと思いました。
中でも簡単で興味あるのが
真向法。
何しろ体が硬くなっているのを実感しているので
先ずはこれだけでも続けてみたい。
ネットで
渡辺さんを書斎を見たら
本当知のジャングルだったので
その方が選択された技術は疑い余地はない。