FC2ブログ

ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期 (幻冬舎新書)人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期 (幻冬舎新書)
(2014/09/27)
久坂部 羊

商品詳細を見る

2013年、87歳で亡くなった父は元医師だが、医療否定主義者だった。不摂生ぶりも医者の不養生の限度を超えていた。若いころ、糖尿病になったが血糖値も測らず甘い物食べ放題の生活を続けながら勝手にインシュリンの量を増やして自然治癒させた。前立腺がんになっても「これで長生きせんですむ! 」と叫び治療を拒否。こんなふうに医学常識を無視し自由奔放に暮らした。そんな父が寝たきりになって1年数カ月、医療や介護への私自身の常識が次々と覆った。父から教わった医療の無力と死への考え方をここでご紹介したい。

まさにその通りの内容で
本人の強い意志
それを受容する寛大な家族、
そしてそれを可能にする医学的な知識と技術もある家族。
たまたま条件が整ったからできたこと。
まさに姑を施設に預けながら訪問の回数で埋め合わせていたり、
89歳の母が遠距離のまままだ一人住まいの状況では
おもろいと笑えなかった。
ただ自分の死の準備本としては大いに参考になった。
人には押し付けられないけれど
自分なら選択の余地はある。
いかに死ぬかは私にとっても
いつなんどきの大きな課題なので。

いつかあなたも

いつか、あなたもいつか、あなたも
(2014/09/11)
久坂部 羊

商品詳細を見る

終末期医療と在宅介護と。
そしていつか私も。

考えさせられるテーマだし、
在宅医療や老人医療にかかわっていた久坂部さんが常に問い続けてもいるテーマ。
高齢の姑と母の見守りをしながら自分も置いてゆく身には
他人事ではない。
でも淡々とした事例集のようで読むのは簡単。
あっと言う間に読めて少し物足りないかも。
モーツァルトとレクター博士の医学講座モーツァルトとレクター博士の医学講座
(2012/11/20)
久坂部 羊

商品詳細を見る

久坂部さんの小説が出ないので仕方なく読んでるかも。
確かに面白いためになる情報だけど
今自分が読みたいわけではないなあ
じゃあ読まなければいいんだけど
まあ中毒のように追っかけているわけで。
こんな博識が小説に生かされてるんだと感心しながら
だけど細かい人体の各部の名称をおぼえるだけでも膨大だなと
なれもしない医者にならなくてよかったと思ってみたり。
でも、それだけにすごい体験もできるみたい。
まあエロにもグロにも興味がないけれど
生命の神秘に触れる瞬間こそは
感動でしょうね。
例えば自分の精子をじっくり顕微鏡で見るなんて
考えもしない。
最も私は卵子だけど。
女性は生まれたときすでに一生分の卵子を持っていて
その後新たに作られることはないなんて
知らなかったし考えたこともなかった。
やっぱり女性(女体)はいたわらなくちゃいけないものなんだ。
レントゲンや原発や暴力や戦争や、、、。
生まれたときからその影響は即、直接胎児も影響を受けることになる。
そしてやっぱりより若い時の方が卵子の損傷は少ないかも。

他にも有用な医学情報いろいろ。

海賊と呼ばれた男

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
(2014/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

上巻はそうそうに読めたけれど
下巻は滞ってしまった。
波乱万丈ではあるけれど
いつもいつも高潔な人格者の描写で飽きてしまう。
それは出光創立者に向けてというより
作家に向けての感情だと思うけれど、、。
かなり退屈な読み物に。
それでもとにかく石炭の時代に
来るべき石油の時代を予感し
膨大なスケールでその道を開いた先人を知ったことは
大いに意義があった。





34丁目の奇蹟

34丁目の奇跡34丁目の奇跡
(2002/11)
ヴァレンタイン デイヴィス

商品詳細を見る


先日テレビのBSアーカイブスで
ボルチモアの「34丁目の奇蹟」を放送していて
クリスマスイルミネーションと地域の連帯に釘づけ。
慌てて引っ張り出してまた読んでしまった。
2年前に読んでいたけどもうすっかり忘れていた。
また、ほっこりした。
ただしお話の内容は似ているようで全然違う。
どうして34丁目には奇跡が起こるんだろう。
映画も見てみたい。
もともとこの本は映画をもとに書かれたものらしい。

Powered by FC2 Blog