FC2ブログ

ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


行人

行人 (新潮文庫)行人 (新潮文庫)
(1970/02)
夏目 漱石

商品詳細を見る

新聞小説だけあって
すんなり小説のペースにはいっていける。
回りくどさがなじめなかった漱石の文体が
随分読みやすくなっている。
私が慣れたというより漱石自体変わってきたのかも。
内容的には
一郎の複雑な心境や生き方は明治の苦悩する知識人の一端を垣間見せる。
一方で中流の家庭の様々なエピソードは
親しみやすく、おおらかな二郎を中心に同じ明治という時代を別の切り口で見ることができ、
個性的で魅力的な人物が次々と登場する。
後半というか一郎の心理や行動を分析する
病後に書かれた部分はやや難解で説明的。



Powered by FC2 Blog