FC2ブログ

ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (上) (角川文庫)
(2006/06/08)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは十七世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社“イルミナティ”の伝説の紋章だった。紋章は男の死体の胸に焼印として押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに大量反物質の生成に成功した科学者だった。反物質はすでに殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持込まれていた―。

ダビンチコードの面白さは今となっては全然覚えてないので比較にならない。
今回もバチカン王国を駆け巡る壮大な謎解き。
それにしても数時間で超人的な頭脳と体力で活躍するラングドンは痛快ではあるけれど現実離れもしていて、中、下となるほどに話が通俗的な展開に。科学と宗教という大きな命題についての考察は興味深いし、ガリレオから始まる科学と教会の対立や融和の歴史は事実かどうかは別にして話としては真に迫って面白い。最終章にかけて煮詰まるほどに話は、トーンダウン。最初の構成の緻密さを同じレベルで維持するのは難しいようで唐突な恋愛や試験管ベイビーのような話になるとは、、、。
それにしてもバチカンやローマの遺跡や建造物を見る楽しみは倍加する。紋章や彫像も何かしらの暗号や秘密が隠されているのかもしれないと、、、。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。