FC2ブログ

ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無痛

無痛無痛
(2006/04)
久坂部 羊

商品詳細を見る

まっるきり否定できないそれでいて考えたくない現実にさらされて
しかも救いがない恐ろしさに後味の悪い読後感。
刑法39条の矛盾。近代医療への期待や希望と限界。有効治療や医薬品の開発。
関心の高い問題をちりばめながらいまだ本質的な解決策のないことが
憂鬱にさせる。小説の中でもその辺がこの著者の強みと弱さになっている。
だからといって途中でやめられないミステリータッチの展開の面白さ。
著者自身がどこに位置する医師なのかな気になるところ。
それにしてもグロテスクに過ぎる場面の多さ。
エログロではあっても、全然ロマンチックでないのもね。
これで著者の全3冊を読み終えた。
次は何がテーマになるかしら?

スポンサーサイト

あきらめない

あきらめないあきらめない
(2003/01)
鎌田 實

商品詳細を見る

以前から素晴らしい医療活動をされている方と関心を持っていたけれど
今回著作は初めて読んだ。
現場でこういう病院や医師・看護師にめぐり合えれば幸せだなと思う。
だけど私自身はそうならないための生き方を目指しているので
あきらめないことや頑張らないことは
健康活動・未病であるためにこそ生かしていきたい。
リリアンの泣いて笑ってリリアンの泣いて笑って
(1994/09)
リリアン

商品詳細を見る

友人の紹介で購入。
リリアンを知らないので先入観なく読めたのはよかったかな。
本名と源氏名のギャップがすごい。

ひとはそれぞれ泣き笑い・山坂・出会い・病気いろいろある。
リリアンにも。
ひたすら前向きに一生懸命。
でもガンを体験し人生感や価値観に大きな変化が訪れる。
誰しも死と向き合えばそうかもしれないけれど。
どこで自分と折り合って行くか
病気を体験しない私には難しいところ。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。