FC2ブログ

ランキング


読書日記 ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加しました。 応援お願いいたします。

プロフィール

merienda

Author:merienda
読書の時間をいかにして増やすか、、?


リンク


最近の記事


月別アーカイブ


ブログ内検索


最近のコメント


最近のトラックバック


東京タワー

今年に入ってまともに本を読めずにいたがようやく
東京タワーを読み終わった。
あまりにリリーフランキーが俳優としてクローズアップされ、
存在感ありすぎて
読みながら彼の映像がちらつくのをなんともしがたい。

半分読んだところで(ブログより)
リリーフランキーって何ものって思いながら【東京タワー」読んでます。
本屋大賞にもなって評判になって映画やテレビにも。

でもすべて素通りだったのが
息子の本を断捨離しなきゃと思っていたら
その本棚にあって読んでみました。

俳優の手慰みなんてものじゃなくて
なんてうまいのといちいち感心する表現力で埋められた濃密なページの長編。

これはリリーフランキーの青春の門ですね。
いまだに読みながらリリーフランキーの得体が知れないままさらに混乱するんだけど。

彼は俳優としてしか知らないし、
それでの活躍が最近際立っているので
しかもなんとなく人の良さげなキャラクター。

でも私が一番印象に残っているのは「凶悪」の演技。
怖すぎ!!

そしてあれが本人に近いような気がして
人のいいフランキーさんは「ほんとはうそでしょう?」なんて思ってる。

いえ、まだ半分も読めてないんですけど、、、。

そして全部読んだ今
オカンが樹木希林になっている。
映画もテレビも舞台もぜんぜん見てないけれど。

全然飾りっ気のない自分を出すことに抵抗がない強さが全編に。
だから小説よりもすごい。
でも自分の人生としてもよくこんなにその時々の自分とオカンのことをを覚えてられるもの。
よく描き切れるもの。

自分の命と生活を削って子供を育てる母親って
この間までいっぱいいたというか
母親と子供の関係のほとんどは
少なからず相似形だったような気がする。

だからいつの間にか雅也とオカンを自分と母親になぞらえもする。
そして自分も母親だけど
果たして自分はオカンになりえているのか??

後半は一気に読めた。
ひとりひとりオカンってすごいんだと思いながら、、、。
母を大事にしようと改めて思った。



正月に読むはずが延長してまた期限が切れそうになるほどでようやく読んだ。
でもあんまり理解できてない。
歴史にうんと弱い上に名前や時代がとんと覚えられない。
軽妙なタッチで分かりやすく解説して下さっているというのに。
これでわからないのならあきらめるしかない。
確かに自分でもそう思う。
でも懲りずに
新約聖書を知っていますかを予約した(-_-;)

夜のピクニック


第26回(2005年) 吉川英治文学新人賞受賞
第2回(2005年) 本屋大賞受賞
蜜蜂と遠雷に感動して続いて恩田作品。
青春もの。キッズもの好きだけど
評判に反して私的には退屈だった。
青春が遠くなりすぎたのかも。

私の高校にも同じような行事があったそうで
私たちが入学する前に交通量の増加など
問題が出てきて廃止になったと聞いていた。
私自身はぜひ参加したかった素敵な行事だと思っていた。
へ~水戸高にもあったんだ。
刑務所を2周するという味けなくてしんどい行事はまだ残っていた。

自分の高校時代をふつふつさせながら読むけれど
もうリアル感が共有できない。

2度も本屋大賞を取るなんてすごい。
でも最近作の方がずっといいと思ったけれど。
作家の進化の成果なのか
私個人的なものなのかよくわからない。



蜜蜂と遠雷

11月21日
蜜蜂と遠雷
とても興味深い内容で面白く一気に読めた。
音楽は苦手のジャンル。
しかもクラッシック音楽格別。
それでも投げ出さずに済むのは
コンクールというテーマと著者の驚くべき筆力による。
個々の登場人物が個性豊かに描き分けられ
演奏曲の説明もじっくり聞いてみたくなる。
この世界を楽しめてないなんて
人生のあらかたを損しているような気分。

2016年の本屋大賞受賞作の羊と鋼の森
やはり音楽がテーマ。
音楽を文章で表現するのってとても難しいと思うけれど
すごい。

まひる野(下)


早めに伏線がひかれているのでほとんど
予想されたストーリーと結末。
初めての許されぬ恋に揺れ動く多紀の心。大学医学部の教授という社会的地位をも顧みず多紀に傾いてゆく柚木。二人が初めて津和野に旅行したその途中、こんどは弟の隆彦が内ゲバの報復を受けたことを知らされる。植物人間になった弟をかかえながら、多紀は新しい生命を身ごもるのだが……。光にあふれながらも静まりかえる京の白昼野にも似た孤独の現代に愛の可能性を探ったロマン。
渡辺淳一の世界がお好きな男性ならきっとお好きな世界。
わたし?
わたしは好きやおへん。
そやけど京都はやっぱりよろしいなあ。
と思いつつ全部読んじゃいました。

Powered by FC2 Blog